歯を失った人の救世主【インプラント治療で噛むチカラを取り戻す】

インプラントがあれば食事が楽しめる?!【インプラントの魅力】

歯を失った人の救世主【インプラント治療で噛むチカラを取り戻す】

歯型

インプラントだから叶えられる事

歯を失った人に対する治療法はいくつかありますが、審美性の高いインプラントは、天然の歯に見た目が似ているため治療をしても気づかれにくいというメリットがあります。また、顎の骨にしっかりと埋め、固定するため噛むチカラも天然の歯に負けません。入れ歯やブリッジは噛むチカラが衰えてしまう可能性があるため、食事内容を気にせず食事を楽しみたいという人にとっては大きな魅力の一つとなるでしょう。

インプラント

技術レベルの高い医師なら安心

銀座駅近くにある歯科には、インプラント治療に詳しい歯医者が存在します。そのため、安心して治療を任せることができると言われています。インプラント治療も、歯医者の技術力や知識量で完成度が変わってしまうため、信頼できる歯医者のもとで治療を受けたいという人は、一度相談してみてください。

治療器具

不安を取り除いてくれる

外科的手術が必要になるため、インプラント治療に興味はあるが痛みが気になる・・・と悩んでしまう人は多いと言われています。しかし、歯科の中にはインプラント治療に対する不安・痛みを軽減できるよう様々な工夫を施している場所もあるため、安心して治療を受けることができるでしょう。

歯を失ったまま放置する危険度ランキング

インプラント
no.1

虫歯や歯周病のリスクが高まる

歯が抜けてしまった状態のまま放置してしまうと、隙間ができてしまった部分に虫歯や歯周病の原因となる菌の温床となってしまうため、虫歯や歯周病のリスクが最も高くなってしまいます。

no.2

顎関節症のリスクが高まる

次に高いのが、顎関節症です。咬み合わせが悪くなることで顎への負担が増えてしまうため、顎関節症になるリスクも高くなってしまうのでしょう。

no.3

内蔵への負担が増える

歯が抜けてしまうと、しっかり食べ物を噛むことができなくなるため胃腸にかかる負担も増えてしまいます。胃腸への負担が増えると消化不良になるリスクが高くなってしまいます。

no.4

アルツハイマーのリスクも高まる

噛むことで、脳に流れている血流が増えるため噛むチカラが衰えると脳への刺激も減ってしまいます。そのため、アルツハイマーのリスクが四番目に高くなっているのでしょう。

no.5

顔の輪郭が変わるリスクも高まる

噛むチカラが衰えると、脳への刺激が減るだけではなく顎の筋力への刺激も減るため徐々に顎の筋力が落ち、骨が痩せてしまいます。そうなると、顔周りの筋力も衰えてしまうため顔の輪郭にも影響が出てしまうのです。

広告募集中